スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクシア 

♯1 「最終戦 序章
♯2 「トランザム
♯3 「終わりなき劇(爆)
♯4 「立ちはだかる怪物
♯5 「アルヴァアロン
の続き。


アルヴァアロン27
グラッグ 「会いたかった・・・。」
エクシア 「フラッグか!?」
グラッグ 「会いたかったぞ・・・」


アルヴァアロン28
グラッグ 「ガンダム!!」


エクシア1
スッ・・・
エクシア 「グラッグ!?まさか・・・擬似太陽炉を!?」

(注)いえ・・・ただのグラッグです。持ってるのはスローネの。


エクシア2
ゴォォォ・・・


エクシア3
チャキン


エクシア4
ドン!
エクシア 「!?」


エクシア5
エクシア 「ビームサーベル!?」


エクシア6
グラッグ 「団長とその他の仇・・・うたせてもらうぞ!!このグラッグが!!」
エクシア 「くっ!?」


トランザムシステム
エクシア 「トランザム!!」


エクシア7
スゥゥ
グラッグ 「なんと・・・!?ガンダムが赤くなった!?」


エクシア8
グラッグ 「やはり私と君は運命の赤い糸で結ばれていたようだ。」
エクシア 「なぜそうなる!?」
グラッグ 「そう・・・」


エクシア9
グラッグ 「戦う運命にあった!!!」


エクシア10
エクシア 「うっ!?」


エクシア11
グラッグ 「ようやく理解した!」


エクシア12
グラッグ 「君の圧倒的な性能に、私は心奪われた。」
エクシア 「!!??」


エクシア13
グラッグ 「この気持ち・・・」


エクシア14
グラッグ 「まさしく愛だ!!」


エクシア15
エクシア 「愛!?」


エクシア16
グラッグ 「だが愛を超越すれば、それは憎しみとなる!」
エクシア 「!?」


エクシア17
グラッグ 「いきすぎた暑がりが、内紛を誘発するように!!」
エクシア 「なっ!?それがわかっていながら!」


エクシア18
エクシア 「なぜ戦う!!」


エクシア19
ズバッ


エクシア20
グラッグ 「軍人に戦いの意味を問うとは」


エクシア21
グラッグ 「ナンセンスだな!!」


エクシア22
ズバッ!
エクシア 「くぅぅ!?」


エクシア23
エウシア 「うおぉぉ!!」


エクシア24
エクシア 「貴様はゆがんでいる!!」


エクシア25
グラッグ 「そうしたのは君だ!!」


エクシア26
ドゴッ
エクシア 「ぐっ」


エクシア27
グラッグ 「ガンダムという存在だ!!」


エクシア28
グラッグ 「だから私は君を倒す!!」


エクシア29
グラッグ 「劇場なんてどうでもいい・・・己の意思で!!


エクシア30
エクシア 「貴様だって劇団の一員だろうに!」


エクシア31
グラッグ 「ならばそれは、劇団の声だ!!


エクシア32
エクシア 「違う!貴様は自分のエゴを押し通しているだけだ!!


エクシア33
エクシア 「貴様のそのゆがみ、

この俺が断ち切る!


エクシア34
グラッグ 「よく言った!!ガンダム!!」


エクシア35
エクシア 「ぬぁぁぁぁぁ!!」


エクシア36
グラッグ 「うおぉぉぉぉぉ!!」


エクシア37

シュウゥゥゥ・・・


エクシア38
ズバッ!


エクシア39
グラッグ 「団長・・・フラッグ・・・その他・・・仇は・・・」


エクシア40
エクシア 「ガ、ガンダム・・・」


エクシア41



なぜ、夏はこうも暑いのか。

その原因はどこからきているのか。
 
なぜ、人には無意識の悪意というものがあるのか。

なぜ、その悪意に気づこうとしないのか。

なぜ、人生すら狂わせる存在(クーラー)があるのか。

なぜ、人は暑がり、寒がるのか。

なぜ、傷つけあうのか。

なのになぜ、人はこうも涼もうとするのか。

俺は、求めていた。

俺は、求め続けていた。



By クーラーの主(核爆)







総画像数148枚・・・。
質より量でせめた今回のシリーズ^^;
後から読み返してみると意味不明なことばかり^^;;
でも5月中に間に合って一安心^^
次からはもう少しまともな更新します^^

コメント

お疲れ様です
まさかクーラーでここまでの話になるとは・・・
すごいですね!
こんなものが作れるのもまさしく愛なのでしょうかwww←意味不明
今思えばブログを始めたのもここの劇に憧れてたからだと思います。
これからもがんばってください。

>嶽秋さん
ありがとうございます^^
なるほど、確かにこの気持ち、愛ですね(笑)
ようやく理解しました(笑笑)
ブログやられてるんですね!!
始められたのになんちゃら劇場が何かしらのきっかけになれたのであれば、とても光栄に思います^^
憧れるようなものでもないですけどね^^;
是非踏み台にして飛びこえっちゃってください^^

まさかエアコンでここまでいくとは…
それにしてもなんちゃら劇場でこんな感動的な終わり方をするとは以外で驚きましたwでもたまには面白いかもしれませんね。

>gendouさん
今回はネタがほとんどなしですし、確かにこのブログとしては珍しいですよね^^;
いやぁ、本当はネタもどこかでいれようと思ったんですが、このシーンの場合、グラハムの発言が元からおもしろすぎるのでそれに勝るネタはないかなと思いまして(笑)
これからも「たまに」こういうのも入れていこうかなと思います^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zilo.blog91.fc2.com/tb.php/313-88b6efe6

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 なんちゃら劇場 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。