スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加情報^^ 

ブログ拍手、すべて返信させていただきました。
遅くなって申し訳ありませんm(_ _)m
また忙しくしてます^^;

プラモ新情報^^(詳しくはヨネキチさんちシュウさんちで!)
MGシナンジュ、なんとお値段7350円らしいですね^^;
もしかして大きいんですか・・・?それともすっごいいギミックがつまってるんでしょうか・・・??
うーん、小説読んでないので色々とわからないことだらけですなぁ^^;;

OOではなにやらオーライザーなるものが発表されてるみたいですね。
これはダブルオーガンダムの追加武装のようです。
コクピットがあるからGNアームズの小さい版って感じかな??
HCM-Proと1/100で発売が決定してるとのこと。
ちょ・・・ちょっとHGは!?

あとアヘッドのテストショットも発表されてます^^
これは意外といけるかも・・・!?

年末に向け、プラモラッシュ。
楽しみです^^

まともな更新は明日!・・・多分^^;
スポンサーサイト

一段落 

ちょっと間空きましたが、前回の続き^^


最後の彗星28
真武者 「不覚・・・。」
シャアズゴ 「よくやってくれた。」


最後の彗星28
シャアズゴ 「サザビー。」


一段落1
ガンダム 「貴様ぁぁ!!」
サザビー 「アム・・・じゃなくてガンダム!」


一段落2
ガンダム 「なぜサザビーに!!」
サザビー 「貴様では役不足だ!」


一段落3
ガンダム 「サーベルのパワーが負けている!?」
サザビー 「この私の台詞をぉ!!」


一段落4
ガンダム 「ええい、なんとぉ!!」
サザビー 「どこまで奪う気だ・・・。」


一段落5
シャアズゴ 「おかしい・・・反応がいつもより遅い・・・。」
シャアゲル 「だな・・・。」


一段落6
一同 「うわっ!!」


一段落7
シャアズゴ 「ふぅ、やっとBBガンダムに戻ったか・・・。」
シャアゲル 「とりあえずミッション成功って感じかな。」


一段落8
シャアズゴ 「よう、久しぶりだな、BBガンダム。元にもどっちまった感想はどうだ?」
BBガンダム 「!?」


一段落9
シャアズゴ 「おぉっと無駄な抵抗はやめろよ。さすがの白い悪魔も三人相手はきつかろう。」
ガンダム 「・・・・・・」


一段落10
シャアゲル 「このサイズなら勝てそうだな、フフフ・・・。」
?? 「・・・・・」


一段落11
ガンダム 「貴様がいなければっ!!」
サザビー 「覚悟しろ!」

シャアズゴ・ゲル・ジン 「うわぁぁぁぁ!!!!」


一段落12
サザビー&ガンダム 「!!??」


一段落13
シャアズゴ 「な、なんだ、お前は!?」
シャアゲル 「し、真武者が二人に・・・!?」
烈火武者 「・・・・・」


一段落14
シャアズゴ 「うわぁぁ!!」
ガンダム 「弱い・・・。」


一段落15
BBゼータ 「よかった、一時はどうなることかと・・・。」
ガンダム 「お、ゼータ、なんだその姿は。」
BBゼータ 「それよりいったいどういうことなんだ?なんで真武者があの兵器で二人に・・・??」
ガンダム 「もともとBBデスティニーに消された後、舞台裏で真武者に僕がなったのは彼と出会って合体したからなんだよ。」
ゼータ 「なんだその安易な設定・・・。でもまぁいいや。仲間が増えたことだし。」


一段落16
BBゼータ 「あとはサザビーか。」
烈火武者 「あっちにいるようだ。こちらに向かってきてる。」
BBガンダム 「またシャア!?強敵だな・・・。普通では勝てない・・・。」


一段落17
BBゼータ 「これ使えないかな・・・。」
BBガンダム 「!?」


一段落18
烈火武者 「ガンダム殿をやったのか・・・。」
サザビー 「お前誰だ・・・いや、まぁいい。突然の新キャラの登場などこのブログではよくあることだ。どっちにしろ貴様一人ではどうにもできん。」



一段落19
サザビー 「私の勝ちだ。」
烈火武者 「いや、お主の負けだ。」
サザビー 「戯言を。」
烈火武者 「ふ・・・。」
サザビー 「ん?・・・・・・ま、まさか!?」


一段落20
サザビー 「ちぃ、しまった!!」
ガンダム 「落ちろ!!」


一段落21
サザビー 「くわっ!!」


一段落22
司馬懿サザビー 「なんということだ・・・。」
ガンダム 「どうする?まだやるか?」
司馬懿サザビー 「くっ・・・仕方が無い・・・」


一段落23
司馬懿サザビー 「全員撤収だ!!」
ジン 「りょ、了解です!」
シャアズゴ 「くっそぉ、また敗北・・・覚えてろよ!!」


一段落24
ガンダム 「よし、一件落着だな。」
烈火武者 「あぁ、大成功だ。」


一段落25
BBガンダム 「じゃああの頭身チェンジャーとかいう兵器を回収して帰るか。」
烈火武者 「あぁ、そうだな。」
BBゼータ 「さ、回収しましょって・・・」


一段落26
一同 「あ、あれ・・・??」
BBガンダム 「一つもない・・・。」
BBゼータ 「い、一体何処に・・・?」





一段落27
イナクト 「フフフフ・・・すげぇもんいただいたぜ・・・。」



相手がとてつもなく強い相手のとき、倒す方法は、

「二手に別れ、片方に気を向けさせ、もう片方が後ろからバンッ。」

これしかバリーエーションがないなんちゃら劇場に全米が泣いた(爆)

そしてこれしか浮かばない管理人じろーも泣いた(爆)



一段落28
さらにBB戦士が増えた、劇団ツインアイ幹部。


一段落29
そして少しかわいさがアップした劇団モノアイ幹部。


彼らの争いはまだまだ続く。

ー完ー





↑何が完?^^;い、いや、最終回ではありませんよ^^;;

明後日からダブルオー開始!
なんちゃら劇場もOO色が強くなっていく予定^^

10月の新商品出荷予定日 

9日
HG ジンクスⅢ

23日
MG インフィニットジャスティス

24日
BB戦士 周瑜ヒャクシキ

27日
HG ケルディムガンダム
BB戦士 ダブルオーガンダム

10月下旬
ROBOT魂 ダブルオーガンダム
ROBOT魂 アリオスガンダム

HCM-Proの新作はないんですなぁ・・・珍しい。
今月は数は少ないですが、目玉商品は多いですね^^
インジャスにケルディム、それに新シリーズROBOT魂二つ。
ROBOT魂はとりあえず一つは買ってみようと思います^^多分来月のGNフラッグかな。
今月の購入予定はケルディム、BBダブルオー。
最近積みプラもたまってきてますし、後はまだ未定。

いよいよ、ダブルオー二期第一話開始まで1.5時間!!
楽しみです^^

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第1話 「天使再降」 

まずは・・・一言感想。

機動戦士アヘッドOO。

いきなりアヘッドに惚れました^^;;
「かっこ悪い気がするけど、動いてるのみたらまたわかりませんね^^」
みたいなこと書いてたけど、正直ここまで早いとは思いませんでしたわ^^;


また一期のときみたいに台詞中心に適当に感想書いていこうと思います^^

オープニングなしでスタート。
熱すぎる30分でした^^この第一話、私が見たガンダムの第一話史上最高かも^^
是非このまま続けて欲しいものです^^

「レゾルスがモビルスーツの襲撃をうけただと?」
記念すべき一発目の台詞^^
新キャラ、クラウス。反政府組織の一員。
なんの前触れもなくシーリンと話してて焦りました^^;何者だったんだ、お前は。
どうやら反政府組織の一つの基地(?)みたいなのがアロウズに襲われたようです。
彼らは何か大きな作戦を立ててるようで。

「あの部隊には秘密が多い。内情を報告してもらえると助かる。」
「むろんそのつもりです。では。」
すっかり軍人っぽくなくなったセルゲイとすっかり忘れていたキャラ、マネキンとの電話での会話。
マネキンはアロウズに入るようです。いつの間にこんなに仲良く・・・^^;

「そのより 例の件については考えてくれたかな?」
「いえ・・・その・・・。」
「なに、急ぎはしない。ゆっくりと考えるといい。」

すっかり親子となったセルゲイとピーリス(爆)←さっきから「すっかり」多い^^;
例の件とは一体なんなのでしょうかね。

「何で僕が!待ってください!僕が何をしたっていうんですか!やめてください!」
非政府組織のミヤサカとかいう男の会社の後輩というだけで、巻き込まれる沙慈君。
アロウズに捕まり、コロニープラウドというところで強制労働させられてしまいます。
あいかわらずついてないね、君・・・。

「こんなことでへこんでられない。宇宙にいれば、いつかはルイスに・・・。」
頑張るなぁ・・・沙慈君は・・・。まだルイスを想ってるんですね・・・。

「ありがとう・・・もしかして刹那・F・セイエイ?」
「沙慈・クロスロード・・・」

いろいろあって(爆)、出会った二人。二人ともよく名前覚えてたなぁ^^;
このとき沙慈はまだ刹那がCBだったとは知りません。

「変わってない・・・あの頃から何一つ・・・。」
「こんなもの求めていない!」
「ロックオンも俺もこんな世界など!」

対人兵器オートマトンが次々と人を殺していくのを見た刹那。
このときにまたガンダムに乗って戦うことを決心したんでしょうね。

「ソレスタルビーイングだと!なぜ今になって現れた!」
「破壊する・・・ただ破壊する。こんな行いをする貴様たちを!この俺が駆逐する!」

出た!!片目モノアイマントエクシア!!かっこよすぎるぜ!!刹那!!
あぁそうそう。アヘッドに乗ってるこの男、ジニンとかいう新キャラらしいですね。
こいつもなかなかいかしますなぁ^^

「ガンダムとはいえ5年前の機体。アヘッドの敵ではない!」
「多くの仲間がきさまらに倒された!そのかたき!」
エクシアを圧倒するジニン。
そういえばこの戦闘、ルイスもジンクスⅢに乗って出撃しています。
ルイスはまだ戦闘になれてはいないようで、ずっと息切れ状態。
ガンダムを見て動揺しまくっています。
ま、まぁガンダムに家族も左腕も失わされたんで仕方がないか・・・。
今後ガンダム作品特有の絶叫キャラになる予感・・・。彼女は是非幸せになってほしいんですが・・・。

「あれは・・・ガンダム!?」
「背中に・・・顔が!うわぁぁ!!」

ジニンの部下、アラッガの操るジンクスⅢがエクシアにとどめをさそうとしたそのとき、ティエリアのセラヴィーが現れます。アラッガ、まさかの1話で死亡^^;アラッガの声優さんもビックリでしょうなぁ^^;;ご冥福をお祈りします^^;
セラヴィー、膝からもビーム出るんですね^^;
GNシールドをはったとき、背中の大きな顔が光ってたのにはちょっと笑いました。

「私たちが武力介入の対象になるかもしれないわ。」
「いや、彼らは私たちと志をともにするものだよ、シーリン。」

カタロンはソレスタルビーイングを仲間とみなしてるようで。
いつか強い戦力を持つCBが実際の戦闘をし、人数を持つカタロンが人民に運動を働きかける、といった分業体制になるかもしれませんね^^

「4年ぶりか。ずいぶん雰囲気がかわった。」
「そういうおまえは何もかわっていない。あの頃のままだ。」
「よく言われる。」

刹那とティエリアの再開。確かにかわってないよね、ティエリア^^;
多分普通の人間ではないから変わりようがないんでしょうなぁ、彼は。

「わかっているのか?君たちがやったことで多くの人たちが死んだんだ!君たち・・・(略)・・・返せ! 返してくれ!二人を・・・返してくれよ!!」
刹那がCBだと知り、今までの悲しみを刹那にぶつける沙慈。
そりゃ言いたくもなるでしょうなぁ。
でも絹江はともかく、ルイスをあんな目にあわしたのはネーナ。この二人は出会うことはあるんでしょうか。

「そうか。表れてくれたか。自分が乙女座であったことをこれほど嬉しく思ったことはない。」
きたぁぁぁ!!!!!
仮面の男!!乙女座ってこれやっぱりあきらかにグラハムじゃねぇか!!!
もういいよ!!隠さなくて!!!
今日1番興奮したぜ・・・。

「なぜ刹那を撃たなかった?」
「人を殺せば君たちと同じになる。そんなのはごめんだ。」
「刹那に感謝するといい。彼が君をここにつれてこなければ反連邦勢力カタロンとして処刑されていた。」
「そんなこと!」
「君は現実を知らなすぎる。自分のいる世界ぐらい自分の目でみたらどうだ。」

ティエリアと沙慈。異色の組み合わせ。
ティエリアも一期の最後の方のヘタレっぷりとは違い、なかなかしっかりしてきたようで^^

「あんたか?俺を呼び出したのは。」
「カタロン構成員 ライル・ディランディ。」
「保安局か?」
「お前を迎えにきた。」

ライル登場。新生ロックオンは最低最悪の人でなしの恐れがあると思ってましたが、カタロン所属ってことはそうでもないようですね。
性格がどうであれ、向かう相手は共通してるみたいですし。


オープニング


いい感じの歌ですね^^すっごくあってると思います。
ピーリスやサーシェス、それにグラハム(←普通に言ってる^^;)の機体もわずかながら出てましたなぁ^^サーシェスのはスローネに似てる??
登場が楽しみです^^


次回、「ツインドライブ」
ダブルオー登場回ですね^^
なぜかカタギリと一緒にいるスメラギをまたもや刹那が迎えにいくようです^^
そういえばカタギリってどこに所属してるんでしょう??やっぱりグラハムと一緒でアロウズ??
もしそうならスメラギはカタギリを利用してる??
新生ロックオン誕生は次回??
楽しみです^^

あとはGNドライブ一丁 

ダブルオーセカンドシーズン第一話「天使の再臨」を見た劇団CBは・・・


あとはGNドライブ一丁1
裏キュリオス 「アレルヤァ!なに連邦ごときに捕まってる!!」
じろー 「八つ当たりされても・・・。」


あとはGNドライブ一丁2
エクシア 「今日は随分荒いな・・・。」
ナドレ 「あぁ。どうやら劇中のアレルヤ・ハプティズムの出番がしばらくなさそうなことに腹を立ててるらしい。」
エクシア 「そうか。」
ナドレ 「全く。それごときであぁなるとは・・・彼はガンダムにふさわしくない。」
エクシア 「お前はご機嫌そうだな。さっそく出番だったからか?」
ナドレ 「ふ・・・なんのことだ。」


あとはGNドライブ一丁3
エクシア 「それよりあの新しいガンダムはなんだ?ナドレの新しい冬服か?」
ナドレ 「いや、そうでもないらしい。もっともこの劇に出てきたらわからんが・・・。」


あとはGNドライブ一丁4
ナドレ 「それよりこっちに来い、エクシア。」
エクシア 「なんだ?」


あとはGNドライブ一丁5
ナドレ 「これを見ろ。」
エクシア 「これは!?」


あとはGNドライブ一丁6
エクシア 「新しいガンダム!?」
ナドレ 「そうだ。劇団CBの新たな戦力、ダブルオーガンダムだ。」
エクシア 「前はまだ箱だったのに・・・。」
ナドレ 「君が何度も何度も第一話を見返してる間に我々で製作を進めておいた。」
エクシア 「そうか。しかしこんな前ぶりもなく出て来るとは・・・。」


あとはGNドライブ一丁7
エクシア 「エクシアだ。よろしく頼む。」
ダブルオー 「・・・・」
エクシア 「ん?エクシアだ。よろしく頼む。」
ダブルオー 「・・・・・・・・・・・」
エクシア 「返事がない・・・ただの屍のようだ・・・。」
ナドレ 「そりゃそうだ。まだ動かない。」


あとはGNドライブ一丁8
ナドレ 「GNドライブを一機しかつけてないからな。」
エクシア 「なるほど。」
ナドレ 「そこでだ。」


あとはGNドライブ一丁9
ナドレ 「GNドライブがあと一つ足りない。だから君のを使うことに決めた。」
エクシア 「!?」
ナドレ 「早く渡せ。心配するな。君には擬似ドライブを用意してある。百均で買ってきたものだ。
エクシア 「駄目だ、と言ったら?」


あとはGNドライブ一丁10
ナドレ 「君を撃つ。」
エクシア 「無茶な・・・。」

ビリーパパ!? 

OOの公式サイトでキャラクターが更新されましたね。


ピーリス
ピーリスの軍服姿。やっぱりアロウズに行くようで・・・。
途中からアロウズの弾圧に疑問を感じ、CBに協力しそうな予感・・・^^


マネキン
マネキンもやっと登場。今回はMSに乗るのかな??


そして・・・


ホーマー
ビリーパパきたぁー!!!
いや、まぁ違うかもしれないんですが、多分これは・・・。
明日の第2話で出てくるんでしょうかね。こいつにはスメラギも噛んできそうな予感・・・^^

楽しみです^^

擬似太陽炉 

前回の続き。


擬似太陽炉1
ナドレ 「今日のOOガンダムの活躍を見てドライヴを譲る気は起こらないか?」
エクシア 「いや・・・あれを見たら仕方がない・・・譲ろう。」
ナドレ 「君は擬似ドライヴをつけることになるが、いいんだな?」
エクシア 「あぁ、新ガンダムのためだ。仕方がない。」


擬似太陽炉2
ナドレ 「話が穏便にすすんで助かる。」
エクシア 「じゃあさっそく擬似ドライヴを。」
ナドレ 「了解。」


擬似太陽炉3
ナドレ 「こっちだ。」
エクシア 「・・・・」


擬似太陽炉4
ナドレ 「擬似ドライヴはいくつか用意させた。君はその中から好きなのを選べばいい。」
エクシア 「そんなに種類があるものなのか?」
ナドレ 「もちろんだ。割と豊富なバリエーションだ。」
エクシア 「そうか・・・。」


擬似太陽炉5
ナドレ 「これだけある。さぁ、好きなのを選べ。」
エクシア 「えっ!?」
ナドレ 「どうかしたか?」
エクシア 「こ・・・これ、形がドライヴに似てるってだけな気が・・・。」


擬似太陽炉6
ナドレ 「だから擬似ドライヴと言っただろ。」
エクシア 「が・・・外見の話なのか・・・!?ふ・・・」


擬似太陽炉7
エクシア 「ふざけるな!!駆逐する!!」
ナドレ 「何?どれも気にいらないのか?」
エクシア 「気にくわん!!普通のはないのか!?」


擬似太陽炉8
ナドレ 「他は紙とマスキングテープでお手軽に作った簡単擬似ドライヴならある。そうか、こういうのが好みか?
エクシア 「なっ・・・貴様・・・」


擬似太陽炉9
エクシア 「貴様を紛争幇助MSと断定!駆逐する!!」
ナドレ 「待て。」


擬似太陽炉10
ナドレ 「用意した擬似ドライヴはこれだけだ。どれかにしなければダブルオーは完成しない。当然劇団CBの今後の作戦にも支障が出る。」
エクシア 「くっ・・・」


擬似太陽炉11
ナドレ 「これだけあるんだ。贅沢を言うな。さぁどれか選べ。俺はギャンヘッド型がおすすめだ。
エクシア 「し・・・仕方が無い・・・じゃ・・・」


擬似太陽炉12
エクシア 「これで・・・。」
ナドレ 「了解した。」

数日後・・・

擬似太陽炉13
ナドレ 「ようやくこれでエクシアのGNドライブが試せる。」


擬似太陽炉14
ナドレ 「さて、実験といこうか。」
エクシア 「・・・」


擬似太陽炉15
ナドレ 「次は成功すればいいが・・・。」
エクシア 「あぁ・・・そうだな・・・。」


今日のダブルオーもおもしろかったですね!!^^
感想はまた後日^^

拍手レス、遅れてます^^;
申し訳ありません。もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第2話 「ツインドライヴ」  

その気持ち、まさしく愛だ。

先週熱すぎる1話を見せてくれたダブルオーセカンドシーズン。
第2話もおもしろかったですね^^

「最後の望み・・・エクシアの・・・GNドライヴ・・・。」
ツンドライヴの実験にことごとく失敗するイアンたち。
後はエクシアのGNドライヴだけとなりました。
これ・・・もしエクシアのでも失敗したらどうするつもりだったんでしょう?^^;

「AEUの作戦指揮官に人革連の超兵まで招集か。さすがはカタギリ指令。対応が早い。」
謎の仮面の男。普通にコーヒー飲んでるだけで違和感が・・・。明らかに場違いですよ、あなた^^;
ホーマーがマネキンやピーリスを集めたのはガンダムと戦闘経験があるからのようですね。
あれ・・・コーラは?(爆)

あ、そうそう。そういえばホーマーはビリーの叔父さんだそうです^^てっきりパパかと思ってた^^;
(情報元:00のファンさん、M2さん。ありがとうございます!!)

「その政府直轄の独立部隊だ。やつらはすでに14件もの鎮圧という名の虐殺をおこなった。被害は数万人規模。その情報はすべてもみけされている。お前も奴らのやり方を味わったはずだ。」
「だからなんです?連邦政府は あなたたちの武力介入がもとでできたんじゃないですか!」
「だから けじめをつけるのさ。」
「戦えば また罪のない人が傷つく!」
「戦わなくても人は死ぬ。」

相変わらず意外といいこと言うな、ラッセは。
この後赤ハロを渡された沙慈はルイスを襲ったガンダムは刹那たちではなくスローネだったと知ります。
こりゃCBに入ること間違いなしですなぁ^^オーライザーが待ってるぜ。

「コードネーム スメラギ・李・ノリエガ。ソレスタルビーイングの戦術予報士だ。」
「これであんたの逃げ場はなくなった。」

酒びたりのスメラギを向かいに来た刹那。
随分と積極的になりましたなぁ。かっこいいぜ。
それにしても沙慈のときといい、ロックオンのときといい、刹那君いろんな人に話すぎですぜ。
新ソレスタルビーイングには守秘義務はないんでしょうかね。

「俺は俺たちは戦う。世界に変革を促したことが俺たちの罪ならば、その罪は再び世界をかえることでしか償えない。」
さっきラッセも同じようなこと言ってましたな。やっぱりかっこいいぞ、刹那。

「いいじゃない。逃避ぐらいしたって。私はあなたほど強くないの。」
それに対してボロボロになってるスメラギ。刹那に対してもこう言うとは・・・。
まぁ何度も死に掛けながら戦った結果がアロウズじゃあそうなるのもわかりますなぁ。

「紹介しよう。彼はライル・ディランディ」
「違うな。俺の名はロックオン・ストラトス。ソレスタルビーイングのガンダムマイスターだ。」

ノリノリなロックオン。
兄が死に、刹那の渡した情報が本当だと知り、世界に対して自分が動かなければと思い、マイスターになる決意をした・・・というわけだけではなさそうですね。
カタロンとCBが接触するために自分が仲裁になるという感じなのかな?
何か真の目的がありそうです。

「マリナ・イスマイールだな。身柄を拘束する」
気の毒なお姫様・・・今度はなんでしょう?波乱万丈ですね・・・沙慈、ルイスの次に・・・。

「お嬢様。あなたは世界の変革よりも戦いを求めているようにみうけられます。」
「そう、戦いの果てにこそ世界の変革があるわ。」

前回リボンズと会ってた王留美。どうやらCBの情報を渡してるようです。
一期は一期で何回かコーナーと会ってますし、色々と謎ですなぁ・・・この子は・・・。
そしてなぜかそこにはネーナの姿も・・・。

「了解。セラヴィー。ティエリア・アーデ行きます。」
ジンクスⅢやアヘッド、合計6機に向かい、発進するテイエリアのセラヴィー。
ボロボロのスメラギのアドバイスもあって2機撃墜しましたが、アヘッドに苦戦するティエリア。
今回のガンダムはそれほど圧倒的ではないんですねぇ。大丈夫でしょうか?^^;
二期では集団作戦が主になるんですかね。それはそれでUC的な匂いがしていいですけど^^

「ツインドライヴシステム、いけるか?」
「刹那ダブルオーはまだ・・・。」
「トランザムを使う。」
「無茶だ!刹那、よせ!」
「トランザム始動!」

相変わらず無茶しますなぁ、この子は^^;
いきなりのトランザムにちょっとビックリしたじゃねぇか。

「目覚めてくれ、ダブルオー。ここには オーガンダムと・・・エクシアと・・・俺がいる!!」
刹那の声に反応してか、いきなり安定領域に達するダブルオー。
愛の力ですね、わかります。
こういう展開、好きですよ^^かっこよければすべてよし!
さぁ出撃しろ!ダブルオー!!

「ダブルオーガンダム、刹那・F・セイエイ出る!」
「ダブルオー、目標を駆逐する!」
「これが俺たちの ガンダムだ!」

かっこいいぜ!!刹那ァァ!!(←本日3回目^^;)
ジンクスⅢを圧倒!ド派手なアクション!あのGN扇風機シールドはなんだ!(笑)
武装はまだGNソードⅡだけなんですね。シールドなんかは今後増えていくんでしょうなぁ^^楽しみです^^

「リボンズあのGNドライヴはなんだい?」
「わからない?レベル7まで掌握している君が?」
「イオリア・・・・シュヘンベルグ・・・。」

イオリアってすごいですよねぇ・・・。
リボンズをからかうように話すリジェネ。こいつもわからないことだらけですなぁ。
彼らは何をしようとしてるんでしょうか。

「ロックオン生きてた。ロックオン生きてた。」
ハロですら間違えるその容姿^^;
フェルトは複雑な目でライルを見てました。

荒れるビリー
スメラギがCBだったと知ったビリー。今後彼はどうするんでしょうか。
そういえばまだグラハムとは連絡とってたりするんでしょうか。
あ、そういえばグラハムはどこに?(笑)

「マリー・・・。」
アレルヤ記念すべき最初の一言^^
ここからピーリスを奪い合う昼ドラが始まる(爆)

今回も見所たくさんでした^^
戦闘シーンも一期とは一味違いますな、いい意味で^^

次回、「アレルヤ奪還作戦」
3話にしてアレルヤですか。結構展開速い?
楽しみです^^

R35 

「そういえばあの後デュナメスとタオツーはどうなったの?」

という質問が殺到中・・・(嘘^^;)←この始まり方前にも見たことある^^;

ってことで見てみましょう。

R35-1
デュナメス 「いやぁ、そのときのナドレの顔といったら、なかったよぉ。」
タオツー 「ハハハッ!」

いつの間にか打ち解けあってるようで・・・(爆)


R35-2
じろー 「こらこら、何普通に和解してんだ。帰るぞ。」
タオツー 「え・・・ちょっとっ!」
デュナメス 「おう、じろーか。じゃあなー!!」


R35-3
タオツー 「任務ですか?」
じろー 「あぁそうだ。前から製作してた新型が完成した。」
タオツー 「新型!?」
じろー 「それよりさっきお前何話してた?」
タオツー 「え・・・えぇっと・・・ナドレさんの服の話とか・・・新しいガンダムが来た話とか・・・。」
じろー 「何!?新しいガンダム!?」


R35-4
じろー 「そうか・・・きっと二期関連・・・さっそくだが、性能実験といくか・・・。」

場面はかわって、劇団CB。

R35-5
ナドレ 「くそ・・・やはりエクシアの太陽炉でも駄目か・・・ダブルオーが機動しない・・・。」

バタッ
ナドレ 「ん?」


R35-6
ナドレ 「エ、エクシア!?どうした!?」


R35-7
ナドレ 「擬似太陽炉があわなかったのか・・・?」


R35-8
↑偵察中のBBガンダム。トップコート缶ごと移動中・・・。
BBガンダム 「なんだ・・・急に倒れた・・・。」


R35-9
エクシア 「う・・・うぅ・・・。」
ナドレ 「おぉエクシア、大丈夫か?」


R35-10
エクシア 「・・・・・」(キョロキョロ)
ナドレ 「エクシア?」
エクシア 「・・・・・・・・・・」


R35-11
エクシア 「!?」
ナドレ 「??」


R35-12
エクシア 「チョリース!!」
ナドレ 「えっ!?」


明日に続く・・・。

ドラマCD聞いてない方、すみません、元ネタ全くわかりませんよね^^;

ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場) 

昨日の続き。


R35-12
エクシア 「ちょりーっす☆」
ナドレ 「えっ!?」

前回のあらすじ↓
「急に雰囲気が変わったエクシア。戸惑うナドレ。」
以上。


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)1
ナドレ 「こ、これは・・・用心警護マニュアル擬似人格タイプR35・・・!?なぜ・・・。」
エクシア 「何その顔、なんか困ってんのぉ?やっべ、超受けるんだけどっ!」
ナドレ 「なっ・・・。」
エクシア 「アハハ、やっちったぁー?やっちったオレぇー?ちょっと待てよぉ、そんなガン見すんなってぇ!そういうの慣れてないって言うかぁー俺は俺のままでいたいって言うかー。」
ナドレ 「駄目だ、こいつ・・・早くなんとかしないと・・・。」

BBガンダム 「なんだあれ・・・。」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)2
エクシア 「ん?」
BBガンダム 「し、しまった!バレた・・・!?」
エクシア 「んーん・・・」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)3
エクシア 「ちょりーっす☆オーガンダムぅ!」
BBガンダム 「ちょっと・・・違っ・・・。」

ピピピピピピピピピ
ナドレ 「!?」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)4
ナドレ 「敵影か!?あ、あれは・・・!?」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)5
ナドレ 「じろー!?それに・・・新型かっ!?」
じろー 「劇団CBに攻撃をしかける。目標は相手の新型ガンダムの破壊と」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)6
じろー 「こちらの新型の性能実験だ!」
タオツー 「了解!」
ジンクス 「任せておけ!!」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)7
ナドレ 「くっ・・・どこから情報がっ!?とにかく応戦するぞ、エクシア!・・・・・ん?聞いているのか!エク・・・」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)8
ナドレ 「シア・・・」
エクシア 「ヤッベ、マジちっちぇぇじゃん、お前ー。ちっちぇぇっていうか二頭身ー?ねぇなんでそうなったんだぁ?」
BBガンダム 「・・・・・・」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)9
ジンクス 「よそ見してる場合かぁ!!」
ナドレ 「ええいっ!エクシアぁ!くっ・・・ダブルオーはっ!!」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)10
じろー 「これか・・・新型ガンダム・・・。」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)11
ナドレ 「ま、まずい!?ダブルオーがっ!」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)12
ジンクス 「セミヌードのくせにぃ!!」
ナドレ 「うぅぅ・・・・・動け!!」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)13
ナドレ 「目覚めてくれ・・・ダブルオー・・・」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)14
じろー 「とにかく早いうちに破壊するぞ。戦力が増えたら厄介だ。」
タオツー 「了解っ!」

ナドレ 「ここには」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)15
ナドレ 「オーガンダムと」
BBガンダム 「いや・・・だから違うって・・・。」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)16
ナドレ 「エクシアと・・・」
エクシア 「ちょりーっす☆」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)17
ナドレ 「トップコートがある!!」
BBガンダム 「な、なんの関係が・・・。


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)18
スゥゥ・・・
じろー 「!?」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)19
キュピーン!
じろー 「な、何ィ!?」
ダブルオー 「ダブルオー、目標を駆逐する!」
じろー 「!?」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)20
ズバッ!
じろー&タオツー 「うわっっ!?」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)21
ジンクス 「こいつぅー!!」
ダブルオー 「この俺が・・・」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)22
ダブルオー 「新しいガンダムだっ!」
ジンクス 「なんじゃこりゃぁぁ!!!」


ツインドライヴ(Ver.なんちゃら劇場)23
じろー 「た、退散!!」
ナドレ 「ダブルオー・・・」


以上!無理やりななんちゃら劇場風「ツインドライヴ」でした!

ダブルオー 「それはそうと早くトップコートしろ・・・。」
ナドレ 「わかった・・・。」

BBガンダム 「あ・・・それで起きたのね・・・。」

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第3話 「アレルヤ奪還作戦」 

ケルディム、地味すぎる初陣。
↑そりゃ仕方がないよ・・・^^;
それにしても、なんだ、このペースは。おもしろすぎるぞ!セカンドシーズン!

「連邦保安局を独立維持部隊の直轄組織にすることが議会で決定した。4000万人規模の軍隊、その創設を可能にしたのは、ひとえにヴェーダの情報統制があればこそ。」
リボンズは連邦・・・じゃなくてアロウズを実質牛耳ってるようで^^
ヴェーダに情報をのせることで、ソレスタルビーイングにも簡単に情報提供できるし、もうこの時点で世界の覇者って感じ。

「僕はイオリア・シュヘンベルグの計画を忠実に実行している。それは人にはできない。できるのは僕たち、イノベイターだけさ。」
またまた意味深なことを・・・^^;イノベーターってなんだ?イノベーターって?
ティエリアやらネーナも同じなんでしょうかね??

「レベル2にあった通り・・・」
王の手足のなったネーナ。なんかMAっぽいのに乗ってますねぇ。
なんでしょう?これ。赤いエルメス・・・??(←全然違う^^;)

「後悔はしない。たとえミッションに失敗しようともあなたのせいなんかにしない。俺たちはどんなことをしてでもアレルヤを、仲間を、助けたいんだ。頼む。俺たちに戦術をくれ。」
やっぱり4年たつと人はかわるもんですねぇ・・・。
刹那がスメラギを説得・・・。随分大人になりましたなぁ^^1話、2話とこれ言いまくってますが^^;

「あれ?俺にも役割あんのかよ。けどそっちのほうが好都合だな。」
ニールと様子が違いすぎるライル・・・。
カタロンのスパイ・・・うーん、どうもそれだけな感じはしないんですが・・・^^

「海につっこむ!」
作戦開始早々イキりまくるラッセ^^
今回のプトレマイオスは地上でも運行できるようで^^
海に突っ込んだときの波でやられるティエレン地上型にちょっと泣けました(笑)

「残りの2分でもう一人を助けたらどうだ?」
そういえばマリナも捕まってたんですね^^;忘れてました^^;
マリナもアレルヤもリボンズがCBをおきびよせるためにしかけたもの。
マリナがなぜか大好きな刹那はもちろんひっかかってくれるわけで^^;;
それにしてもティエリアからこんな言葉を聞くとは予想してませんでした^^
一期ならミッションと関係ない民間人を救出するなど、言語道断だったでしょうに。
ヴェーダから切り離されたティエリアはなんだかいきいきとしてますなぁ^^

「ケルディムガンダムロックオン・ストラトス、狙い撃つぜ!」
出たー!!狙い撃つぜぇ!!
声優さんって上手ですねぇ^^同じ声なのに全く言い方が違ってました^^
MSに乗るのはこれが始めての(はずの)ライル。それにもかかわらず一機撃破。
まさか元KPSA??それともイノベーター??
色々想像が広がります^^

「いいや・・・これが本当の君の名前なんだ。マリー・・・マリー・パーファシー。」
ピーリスはどうやら過去に違う人格を植えつけられたようです。
元々は戦いなんかからは程遠い優しい性格だったんですかね・・・。
それが超兵に育てられて・・・。うーん、やっぱりフォー化はこいつかもしれませんなぁ・・・^^;

「無理に変わる必要はないさ。おかえり、アレルヤ」
ティエリアからこんな言葉を聞くとは予想s(ry
一期ならロックオンが言いそうな台詞ですね^^ほんっとにやわらかくなりましたなぁ^^
なんてゆーか、今のとこ1番いい奴に見えるよ、ティエリア^^

「俺がかかわったせいでよけいな面倒にまきこんでしまった。すまない、マリナ。」
「刹那、なぜなの?あなたはなぜまた戦おうとしているの?」
「それしかできないからだ。」
「嘘よ!戦いのない生き方なんていくらでもあるじゃない!」
「それ以外思いつかない。だから俺の願いは戦いでしかかなえられない。」
「そんなの・・・そんなの悲しすぎるわ。」
「なぜ泣く?」
「あなたが泣かないからよ。」

初めてマリナがヒロインに見えました(爆)
戦いの無い生き方・・・か・・・。
こりゃラストは刹那とマリナが一緒に戦いのない生活をすると見た(爆)

とにかくまたまた熱すぎる300秒でした^^
ロックオンにスメラギにアレルヤに沙慈にマリナ・・・続々と集まってますなぁ^^
すべて刹那が連れてきたのに驚きです^^

次回、「戦う理由」
ロックオンがフェルトに何かやらかすようで・・・^^;
次回が楽しみでしかたがありません^^

ホビーショー 

なるものがあったそうで^^;
色々情報でてますねぇ^^
詳細はいつもどおりシュウさんちヨネキチさんちで!!

・MGシナンジュ 12月発売
かっこよすぎですねぇ、これは^^
黄色のラインはシールかデカールで再現とか。
まぁ仕方がありませんね^^;パーツわけは不可能っぽいですし^^;
完成待ってまーす!(誰の?^^;;)

・HGアヘッド 11月発売
オートマンとコンテナまで付属するとのこと^^
こ、これは嬉しい^^色々と使いやすそうでいいですなぁ^^
アヘッド本体と同じぐらい欲しいですわ(爆)

・HG仮面アヘッド 12月発売
きたぁぁぁ!!!
全体的なフォルムはいい感じ^^それにしても変わった顔してますなぁ^^

他にもいろいろ展示してあったみたいですが、真新しいものは他にはなかった・・・のかな??^^;
年末に向けて欲しいものラッシュ!!
お金のご利用は計画的に(←自分に注意^^;)

HG ダブルオーガンダム 

またまた更新止まっちゃいました^^;
忙しくしておりました(←いつも同じこと言ってる^^;;)
いやぁ、ほんっと今週は特に・・・。
帰宅したら深夜、なんてことが続いておりまして^^;
パソコンもあんまりつけてなかったり^^;;

でも一段落したので更新再開^^

今日は・・・ネタがないんで、ダブルオーのレビューといきましょう!!

っとその前に・・・

ちゃんとしたダブルオーのレビューを見たい方はシュウさんちgendouさんちにGO!(←人任せ 爆)
あ、ヨネキチさんも今製作されてます!!

HG ダブルオーガンダム1
さてではではレビュー開始!


HG ダブルオーガンダム2
まずは可動範囲。はい、ぐにゃぐにゃーっと。
各部を極限まで動かした状態です^^;なんだかすごいことになってますなぁ^^;この画像わかりにくすぎる^^;;
まぁつまりは


HG ダブルオーガンダム3
ナドレ 「なんだ、こいつは!!」

ファーストシーズンのプラモで1番動くナドレもビックリの可動範囲なのです^^


HG ダブルオーガンダム4
んじゃ武装紹介。
まずはGNソードⅡ。ソードモード(?)


HG ダブルオーガンダム5
ライフルモード。
あとはビーム刃がでるモードもあるみたいです。


HG ダブルオーガンダム6
普通のサーベルも付属。


HG ダブルオーガンダム7
ただしビーム刃はついてないのでジンクスなんかから流用しましょう。
ところでなんでジンクスの丸型なんでしょう・・・。
ナドレなんかの平型なのが自然な気がするんですが・・・。不評だったんですかね??


HG ダブルオーガンダム8
GNシールド展開??^^;
なんともまぬけなポーズ^^;;


HG ダブルオーガンダム9
それじゃあポーズいきましょう!!
まずはGNソードアクション!!


HG ダブルオーガンダム10
エクシア 「ちょりーっす☆」
エクシア 「エクシア君、とーじょー!」
ダブルオー 「なっ!?」


HG ダブルオーガンダム11
ダブルオー 「邪魔をするなっ!!」
エクシア 「何何何?何してんのォ?俺も混ぜてくれよゥ!」
ダブルオー 「出来るわけないだろ!」
エクシア 「あ、もしかして怒ってる?ハハハッ、やめろって、マジうけるんだけどっ!」
ダブルオー 「だ・・・」


HG ダブルオーガンダム12
一同 「駄目だこいつ・・・やっぱり早くなんとかしないと・・・。」

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第4話 「戦う理由」 

Mr.ブシドー=グラハム疑惑。
↑今更?^^;

やっぱりおもしろいぜ、ダブルオー。

「そうね、あなたの名前はアレルヤでいいわ。神様への感謝の言葉よ。」
アレルヤとマリーの過去。
アレルヤって名前をつけたのはマリーだったんですね^^
てっきりCBのコードネームかと思ってました^^;
生きてることに感謝、ですかぁ。これは今後逆にアレルヤからピーリスに言う予感^^
それにしてもこの頃のマリーは今と性格が真反対ですねぇ。すっごくやわらかいです。

「気づかせてやったんだ。比較されたらたまらんだろ。」
なるほど、急なキスの理由はそういうことだったんですかぁ。
新生ロックオン、実はいい奴疑惑(←えっ?^^;)

「掃討作戦を得意としたアーバ・リント少佐。あの悪名高い男をつれてくるとは。」
指揮官の悪役登場。さぁ、いつ死ぬんでしょう?(核爆)

「大胆さと繊細さを併せ持つこの戦術、どこかで・・・。」
マネキンはスメラギのことを知ってるんですかね。
カタギリはユニオン、マネキンはAEUでしたよね・・・うーん、どういう接点なんでしょうか。

「うらやましいわ。あなたには戦う理由ができたのね。私の戦いにそんな理由があったかしら。」
「ロックオン・・・クリス・・・リヒティモレノさん・・・もう一度私にできるかしら?世界と向き合うことが・・・そして大切な人を守ることが・・・エミリオ・・・。」

今回のタイトルは「戦う理由」。スメラギはそれが見つけられないから、CBに入ろうとしなかったんですね。
エミリオとは一体・・・??スメラギの過去の事件と深い関係がありそうです。

「落ち着いて。手はあるわよ。」
「スメラギさん!」

スメラギ復活っ!アレルヤとの話きっかけになって、戦うことを決心したようです^^

「切り札はある。トランザム!」
うわっ!いきなり使った!!
出し惜しみしてたら負け。ツインドライヴが安定していないダブルオー以外は簡単に使うようで。
でもトラインザム後の機体性能ダウンは今回はないんですかね?
この後、トリロバイト撃沈。でも名無しのパイロットにしてはよく頑張った。

「了解。ダブルオー、目標を・・・・駆逐する!」
アダディスタンに一緒に来ないか、というマリナの誘いを一瞬思い出す刹那。
やっぱり。前回も言ったけど、最終回ではマリナと刹那がアダディスタンで戦いのない生活をすると見た。

「その剣さばき間違いない。あのときの少年だ。なんという僥倖。生き恥をさらした甲斐があったというもの!」
グラ・・・じゃなくてブシドーきたぁぁぁ!!
まさかの「あのときの少年」発言!!^^;くっ・・・一体誰なんだ、あんたはっ!!(笑)
ブシドーアヘッド、やっぱり動くとかっこいいですなぁ^^
HGは12月発売!!楽しみです^^

「その機体、被検体E-57!!」
ピーリスも出撃。これ専用機ですかね??
アレルヤを圧倒するピーリス。アレルヤはハレルヤがいなかったら脳量子派の影響を受けてしまうからおされてるんでしょうか?それともハレルヤがいなかったら超兵としてのコントロール能力がまだピーリスに負けているからなんでしょうか?
それともどっちも?
うーん、よくわかりませんなぁ^^;;

「はあ、手合わせを拒まれたか。」
やっぱり愛のために戦う仮面^^;
今回はふられてしまいました。次こそ愛が伝わればいいですね。

「私は今、カタロンの構成員。地球連邦のやり方に異議を唱える女よ。」
マリナとシーリンの再会。マリナはアダディスタンに戻ると言ってるけど、カタロンはマリナを引き渡せと要求してるし、これからどうするんでしょうねぇ?
もしカタロンと接触してることがばれたら、今度こそ連邦に殺されるかもしれませんし・・・。

「クジョウ・・・君はずっと前から僕のことを利用していたんだね。そして踏みにじったんだ、僕の気持ちを。」
黒い、黒いよ、カタギリ・・・^^;なんかヤバイ兵器を作ってしまいそうな予感・・・。
でもこれでようやくカタギリもアロウズに入りましたね^^ブシドーと話すときが楽しみです^^

ブシドー、期待を裏切らない面白さ。
これからも彼に注目です(笑)

次回、「故国燃ゆ」
アダディスタンがどうにかなっちゃうのかな・・・??
楽しみです^^

HG ケルディム購入 

HG ケルディム購入1
ダブルオー 「購入成功。帰還する。」

買ってきましたぁ!!
パケ絵はデュナメスとそっくり。
説明書パラパラと見ましたが、ダブルオーと同じような間接で、こちらもよく動きそうです^^


HG ケルディム購入2
秘密のギミックの公開^^劇中ではいつ使うんでしょうか^^

11月の出荷予定 

10月も終わりですなぁ。
今月はあんまり更新できませんでした・・・^^;
来月はもう少し頑張りたいところ^^;;

ガンダムのプラモサイトでは超有名なエプロンさんちで、早くも来月の出荷予定が出てますね^^

HGアヘッド 7日
HGセラヴィー 21日・27日
1/100ダブルオー 21日・27日
HGUCギラドーガ 13日
BB戦士 周倉ドーベンウルフ 19日
MG シン・マツナガ専用ザク Ver.2.0 14日

とのこと。この日付は微妙にずれる可能性もあるみたいです。

アヘッド近いですなぁ!!^^
来週じゃないですかっ!早くケルディム作らなきゃ^^;

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 なんちゃら劇場 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。